仲介手数料を安く抑えるにはどうすべき?

あなたのお住まいの費用を節約するための情報サイト:仲買手数料編

仲買手数料が発生する仕組みを知りましょう

理想のお住まいがみつかりましたか?!おめでとうございます。
さて、お住まいが決まって、それから実際に生活をはじめるまでにかかる費用は、契約時、引っ越し、引っ越し後、それぞれに発生します。
理想の場所を見つけても、手が届かないと思う時って、全体にかかる費用がおもったよりかかるから、だったりしますよね。
その中でも、避けて通れないのは「仲買手数料」。
物件の賃貸料が高ければ高いほど、手数料も高かったりします。あれ?って思うくらいかかったことってありませんか?

でも、もしこの費用が節約できたら。
新生活の準備にもっと回せるお金をつくれますよね。
物件を見つけた時に、ちょっとひと手間かけることで、大きく費用が節約できるコツをご紹介します。
多くの地域で、これから人が少なくなる時代。
不動産会社だって、彼らにとってよいお客さんを、長くキープしたいのです。

コツその1:今はほとんどの人が、インターネットで最初にお住まいを検索して、探していると思います。
実は、このサイト検索にひと手間加えるだけで、手数料節約術へつながる場合があります。

コツその2:お住まいが見つかってからも、ひと手間かけましょう。不動産屋さんだって人間!おつきあい術をスムーズにすすめることで、節約できるのです。

裏ワザ:お引越ししなければ、仲介手数料はかかりません(あたりまえ)。最後の裏ワザは、実際はお引越しするのに、引っ越さないように扱って手数料を節約する方法があるのです。

TOPへ戻る