あなたのお住まいの費用を節約するための情報サイト:仲買手数料編

仲買手数料の意味を知って、引っ越し費用をかしこく節約しよう

仲買手数料とは?

仲買手数料とは、住宅取引において、売主と買主でかわす契約の条件を整理したり、関連する書類等を作成する不動産会社に払う事務手数料のことです。通常は、契約成立後すぐに払います。
この費用、ふつうは家賃1か月分ほどですが、契約に向けて計算してもらったら、1.5か月くらいだったり、2か月近かったり。あれっ!?って思ったこと、ありませんか?
あらためて説明しますと、通常、仲買手数料のおもな内容は、物件の下見にかかる人件費、交通費からはじまり、物件の持ち主(大家さん)との交渉、契約書作成、そして物件をあなたへ渡す日までにかかる費用全般のことです。
それが、物件によって費用が大きく変わるのは、どうしてなのでしょうか?

手数料は0(ゼロ)になるの?

基本的に、仲介する会社をとおさずに、貸主さんから直接借りる場合、手数料は発生しません(ゼロ)。
しかし、賃貸契約内容の取り決めなど、専門知識の必要な内容について、賃貸側が独自に条件を整理するのはむずかしいですね。
そこで物件の広告を出している、不動産会社にお願いすることになります。
ですので、手数料はなくなることは、実際はない、と考えたほうがよいです。
広告時に「手数料ゼロ」と宣伝している物件がありますが、費用を負担するのが借主ではないということであって、実際は大家さん側や、不動産会社がかわりに払っていたりします。
また、最初に貸す時にゼロでも、契約更新時にこの手数料は再びかかってきますので、その時に再びゼロになるかどうかは、わかりません。


TOPへ戻る